働きママとサピ偏差値32からの挑戦!どーなる?!サピ2019中学受験日記

小4の2月からサピックスデビューしたマイペース息子。小1からはなまる学習会+アルゴクラブに通い、いよいよサピックスデビュー。しょっぱなの国語の偏差値は、なんと32!!かなりマイぺースな息子とどこまで挑戦できるのか!?

子育て

親のメンタルケア〜課題の分離〜

〜実録2018年闘い〜

2月まで、あと3週間にせまるなか、
小学校はの登校は、インフルエンザ感染を危惧し
1/10以降、休ませる事にした。
(といいながら、学校休んで、
個別教室とサピックスで、最後の追い込みである。
うち、凡人なんで(汗)、すみません。。。)

午前中から、息子は個別教室に軟禁の日々。
お弁当を作って、本人も個別教室に送り届ける。

サピックスは栄光コースを受講している土特だけ
行く事にした。
(SSは、麻布・栄光コースから引きずり下ろされてしまい、浅野・サレジオコースになってしまったので、日曜日は個別指導塾にあてることに。)

凡母親は、溜まりにたまった有給休暇で
1日おきに半休を取りまくり、
スーパー銭湯に行きまくっている。

はぁ〜、温泉に入ってリラックス。。。
これが一番だ、、、

まずは、親がリラックスして息子を見守れるように、
まずは、親が安定する事が重要である。

そして、息子は息子で頑張る。

でもって、親は親で頑張る。

課題を分離する事が大切だと、
やっと分かった今日この頃である。

アドラー心理学に「課題の分離」という定義があるが、
その大切さを痛感する。。

サピックスの間は、ずっと二人三脚、
というか、「二人羽織」状態だった。

凡息子の課題は=凡母親の課題、それが中学受験!
そう、思い込んでいた。

しかし、やはり、それはまずい。。

それぞれの課題は、それぞれが解決しなければ、、、
人は成長しない。

とは言っても、人生1度の中学受験。
出来るだけ力になりたいと思うのが、親心。

バランスが難しい。。

息子がお勉強を頑張ってる間は、
私も、自分のお仕事がんばります。

うむ、、、課題の分離

それが1番…😑


他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

ゆる~い父親

ゆるい、、ゆるいのだ、、

だいたい父親は、
中受の母の大変さなんて、
これっぽっちも分かっていないのでは⁉️
と思う今日この頃である。 

こちらの切迫した状況にすら気づかずに、

息子の家庭学習のスケジュールを邪魔してくるのは、大体が能天気な父親の方である。

大体、仕事・炊事・家事・洗濯・買い物・出張、、、

それらの合間をぬっての学校説明会と受験のフォロー、

個別指導・サピックスの送り迎えから、
先生たちとのやりとり。

何から何まで、
母親達は1人でやりのけているのではないだろうか。

たかがテキストの裁断の為だけに
キンコーズなんて行ってる時間すらありませんから‼️

息子の家庭学習のスケジュール管理も込み込みで、
毎日毎日、中受の母達は皆、必死でやっている。

そんな状況もよく知らないくせに、、、
父親はゆるいのだ。

まあ、そもそも違う生き物だから分かり合えないけど
せめて邪魔だけはしないでくれ。

 他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

息子の抜毛症

息子のまつ毛がなくなった。

昨年夏は、一時期、まつ毛、眉毛が全部なくなってしまった。
やはり、人間、眉毛とまつ毛というのは
人相を決めるにあたりかなり重要なようで、、
それは面白い?とゆーか、
かなりスゴミのある顔になっていた。

その後、秋には自然には抜毛症も治り、
全て生え揃っていたのだが。

今回は、下まつ毛全部と上まつげ半分。
また、抜毛症発症である。

親のせいだ。

端折っても端折っても、終わらない宿題

いっその事、土特休むかと聞いても「行く」とのこと。

下がる一方の成績。

スランプ脱出は出来るのであろうか。。

他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ





先輩サピママの志望校選び

職場の先輩サピママのお子さんたちは、お二人ともぶっちぎりでαだったそうな。
長女さんは桜蔭➔早稲田、 下の長男くんは駒東に通学中。

長男君はぶっちぎりαクラス・SS開成クラスにもかかわらず
入試直前に開成から駒東に変更。駒東へ進学。

「なんで開成やめたんですか?」

「うちから遠かったし、開成入って深海魚になったら困ると思ったからね~。
本人は開成を受験したがっていたし、
サピの先生も、もちろん開成受けるように言ってたんだけど、
もう、親が誘導して、洗脳して、直前に開成を受けるの、あきらめさせたのよ~。
駒東はほんと近くていいわ。
すごくいい学校で良かったわよ~。」

「ほう・・・。」 

「学校説明会も私が一人で色々行ってみたけど、
〇〇中は校長がいやだったし、
〇〇中は校舎と雰囲気が嫌だったのよ~」

開成の通学は片道1時間弱のはず。

そこまで遠くもないと思うが、本人が行きたがっていても、
過去問の出来が良くても、
それを親の判断であきらめさせるという選択肢もあるのか。
難しい。。。


まだまだ学校説明会に足を運ばなくては。。。

他のサピックスブログ
 こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

ストレスで体重増加(親が)

ああ、、、

ストレスでどんどん体重が増えていく。。

4年のサピックス入塾時に比べると
プラス6.5キロ

脳内ホルモンが甘味を求めて、求めて、求めて、、、

2年前は、ハワイアンパンケーキをドカ食い、、

1年前は、揚げ物とパフェをドカ食い、、

現在は、夜な夜な、甘い豆乳オレと激辛スナックをドカ食い、、、

アンド、カフェに行けば、カフェイン取りまくり。

親の不安が子供に伝染する前に、
親の不安を解消しなければ、、、、

と思った結果、この大幅な体重増加。

ホットヨガに行ったり、筋トレ○ザップなど通ってみたが
効果なし。

スーツのパンツはかろうじて入るものの、
スキニーデニムは全然入りません。
とくに腹の肉、 、、。

いっそこのまま、本能に任せて食べ続けてみるか、、、

他のサピックスブログ
 こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ


ストレスを武器に変える方法

「ストレスは人を賢く強くし、成功へと導く」との、なんとも前向きになれるお言葉である。。
by
ケリー・マクゴニガル(Kelly McGonigal)米スタンフォード大学の心理学者

この先生いわく・・・
↓↓
ストレスは普通にあるものであり、ストレスを前向きにとらえる事で良い結果が得られる。
けして「ストレス=悪者」ではなく、ストレスとは
自分がそれを大切にしているからこそ表れる「サイン」。
ストレスを感じるのは、「それに対して思い入れがある」ことの証し。
つまり一生懸命やっているからこそ、誰かのことを思っているからこその「ストレス」。
ストレスは誰もが感じることであると知り、“ストレスの味”を自分なりに変えることによって、
ストレスとのつき合い方を変えることができる。

人はストレスの経験から学び、成長することができる。
そして、勇気や思いやりを持つこともできる。
障害にぶつかった時には、「持てる力を最大限に発揮すべき時が来た」と考える。

「ストレス」も前向き捉えると生きる力になる・・・。という事が書いてある。

そうなのだ、中学受験の母親のストレスは、子供への愛の証。
(それが子供に伝わっているかどうかが問題なのだが・・・。)

決して、ただの八つ当たりではないのだ(多分・・・・)




他のサピックスブログ
 こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

凡人という現実を受け入れる

凡人だった。

息子が凡人だという現実を
そろそろ受け入れなければならない。

2年前半前、入塾時は、
お恥ずかしながら αクラスを目指していた。

とりあえずは、クラスアップの目標から始めていた。
(息子のサピは小規模校でαは1クラスのみ。皆すげー頑張っており、サピ偏差60でもαに入れない時がある)

努力の甲斐あってか、
5年生の時にはαの一つ下のクラスまで
行くことが出来た。

周りも頑張っている。
この宿題の量を普通にこなしている子供達がいる。

もしくは、宿題をやらなくても、
テストがスラスラ解ける子供達がいる。

息子は、
そんなスゴイ頭を持った子供達とは明らかに違う


凡人であった。

最近は、宿題すら、
全部終わらせられない息子である。

宿題をやってもやっても、
クラスが下がる凡人であった。

6年になり、下落。
落ち着いた先は、中位ブロック。

サピは、周りの子達もすんごく頑張っているので
並みの頑張りではクラスは上がらない。

親の期待も、感じていたであろう。

それも、重圧だったであろう。

昨日の中位ブロック保護者会では、
下のクラスから偏差値がだいぶ上の志望校へ
合格した話をいくつも聞かされた。
(そんなミラクルが沢山??
ホントなら、サピ、マジ凄いっす・・・)

まずは、親の気持ちを切り替えて、
息子を励まそう。。。。

保護者会のレジュメには
「けっして、お子様に感情的にはならないでください」

今日は、これから7月組分けテスト。

課題のプリントも全然やってないので、
おそらく他のサピ生と戦うのは
厳しい状況だろう。

でも、がんばれ凡息子。。

他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

宿題の取捨選択

サピックスのブログを読むと、、

「マンスリー自己採点では8割取れてました」とか
「順位は二桁でした」とか、
「アルファから落ちた事はありません」とか、
「偏差値 理科>65」とか、、、

いいなぁ〜

一応、未だにクラスアップを目論み、算数は難易度の高いものもやっている。

同じ宿題をやっていても、こうも違いが出るのはなぜ?

いやいや、そんなもの分かりきっている。
地頭の良し悪しと、成長の違い。

うちはサピのテキストをこなすだけで時間は精一杯。
てゆーか、すでに時間足りません。

一応取捨選択しているが、
親が予定していた時間よりも、さらに実際に宿題をやるとはるかに時間がかかり、
終わらないものが山積。

にも関わらず、「中学への算数」にも手を出してしまい
首を絞める始末。

基礎トレも最近難しくなり、こちらも5分では終わらず
10分以上かかっている。。

難易度が高くなる中、膨大な量の宿題は
やれどもやれども終わらず、

再度、息子の宿題をこなす能力をキチンと受け止めて
取捨選択し直す必要が。。


てゆーか、これ以上どれを削れと??

他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ



プライド by高橋優

高橋優のプライドがJALの機内プログラムに入っていた。

https://youtu.be/vofwwuvRkac

息子をちゃんと育てられているだろうか。

中学受験に挑戦させて、
しかるべき頭脳と精神力の育成に
繋げられているだろうか。。。

理科と算数は、
今後、サピ偏差値62の志望校で戦えるレベルまで
持っていけると思う。
(国語と社会は・・・?)


とりあえず、
息子はサピの授業についていけている(算理は)


クラスが下がっても、なぜかサピックスが大好き。
(ただ単に友達が出来て、受験意識低いだけ??)

転塾を考えた事はない。

これを、敢えて正しい選択と信じたい


他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ






中学受験・ 親べからず15ヶ条

息子をサピに通塾させている自分自身へ
渾身の「べからず集 」

その1 テストの結果に振り回されるべからーず!
その2 宿題が最後まで終わらなくとも、気にするべからーず!
その3 子供に、「なんでこんなのも分からないの?!」と言うべからーず!
その4 苦手教科から逃げるべからーず!
その5 テストの解き直しを怠るべからーず!
その6 模試の判定が悪くとも、引きずらず、最後まであきらめるべからーず!
その7 他の優秀な子供と比べるべからーず!
その8 地頭の良い子供と比べるべからーず!
その9 何かあっても、子供の人格を否定するような事は言うべからーず!
その10  親の不安をぶつけるべからーず!
その11  常に子供を勇気づけ子供の気持ちに寄り添い、親の一方的な言い分をぶつけるべからーず!
その12  同じ矢は二度打つべからーず!(本人がショックを受けている時に、さらに追い打ちをかけない)
その13  子供の睡眠時間を死守し、健康管理を怠るべからーず!
その15  子も親も適度な気分転換をし、自分を見失うべからーず!


他のサピックスブログ こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
楽天市場
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ