〜実録2018年闘い〜

1/25 立教新座。

1月はあっとゆーまに過ぎていく。
1月第2戦目である。

近くのホテルに前泊を検討していたのだが、、

栄東の時に、ホテル泊が思いの外
大変疲れてしまい(親子共々)、
やはり、家でゆっくり休んでから
当日の早朝、会場近くのファミレスに到着して
そこで朝食を取る作戦に切り替える。

とにかく、受験の準備は、「ファミレス」を探す事からだった。

立教新座の近くにもファミレスがあり、
凡親子はそこに7時前に到着。
周りにも、受験生の親子がチラホラ
朝食をとっていた。

立教新座は、サピックスの合判SOの模試会場になっていたので、
一度、ここには訪れた事があった。

やはり、一度来ていると精神的に全然違う。
サピックス合判で、立教新座会場を選んでいて良かった。

モーニングセットを食べて、朝学習用の算数プリントを始める。
店内には、同じ個別指導塾に通っている親子を発見。
彼の第一志望は麻布だった。

声はかけずに、親子で黙々とモーニングセットを食べた。

試験と試験の合間に、休憩時間もあるため、
お茶と、理科、社会、国語のプリントも準備して、、
忘れ物がないか確認。

「そろそら、時間だよ。行く?」
「うん」
周りの席の親子も、席を立ち、受験会場に向かい始めた。

2回目だからだろうか、
凡息子の様子もかなり落ち着いていた。
やはり、「場数を踏んで慣れる」という事の重要性を痛感。

朝食、朝勉、トイレを済ませて、かなり落ち着いた様子で受験会場に向かう息子。
リュックサックの肩紐には、サピックスのVバッジ。

そして、校門で我々を出迎えるのは、受験生花道!
「あー、ここもすごいね💦サピックスの先生達、いるかな⁉️」と、
林家パー子のように、写真を取る凡母親。

サピックスの先生達がいた、
知らない先生達だが、息子のVバッジを見つけて激励してくれた。
「がんばってね!!」
「今までの力を十分に発揮して!落ち着いて!」
「自分を信じて!大丈夫!!」

恥ずかしそうに激励の握手を受けながら、
会場に進む凡息子。
やはり、面識のない先生からでも、嬉しそうな凡息子である。

有り難かった。


激励、まだ12歳の子供の大勝負である。
でも、頑張ってきた自分を応援してくれる人が、
激励してくれる大人がこれだけたくさんいるんだって事、

それだけでも、大きな自信につながっているんだと感じた。

「じゃあ、頑張っておいで!」
「うん!」
受験生の人波に紛れて見えなくなる、小さな後ろ姿。。

ここからは、息子1人の戦いだ。
結局、親は、何にもできないなぁ〜。。


他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ