〜実録2018年闘い〜

今は、21世紀である。

昔の漫画での 21世紀は、
空飛ぶ車とか、家事をするロボットとか、
そりゃーもう、未来チックになっていただろう。

現実は、ITが発達して当たり前に普及し
中学受験の出願も、インターネットが当たり前になってきた。

イマドキの中学受験の準備と言えば、
ミライコンパスへの登録からである。

ネット出願、受験料はカード決済。
かなりお手軽だ。
出願も、前日の23時までとか、ギリギリまで受付可能な学校も多数あり、
受験生側も、かなり臨機応変に作戦を変更できる。

そして、凡息子の受験スケジュールは以下の通りで決定😑

1/10栄東A→ミライコンパス
1/25立教新座→ミライコンパス
2/1早大学院→郵送
2/2栄光学園→出願のみミライコンパス
2/3浅野→ミライコンパス

あとは、2/1の午後受験、
凡息子の得意な算数だけで受験が出来る学校を、
バックアップで考える事に。

2/2の本命、栄光学園の入試の前に、
出来れば、通っても良いと思える学校で合格を決めてから、
安定したメンタルで、第一志望校の試験に臨みたい。

2/2の朝までに合否が分かり、
かつ、算数だけで受験できる学校。

となると、世田谷学園・算数選抜か、
もしくは2科目受験の都市大附属。
鎌倉学園算数選抜の合格発表は2/2だが、それも視野に入れて、、、。

2/1午後受験は、凡息子の体力を考えても、
サクッと算数の1科目だけで終わらせたい。

ただ、2/1の早大学院中は、午後に面接がある。
面接の順番によっては、午後入試に間に合わない可能性も😱‼️

早大学院中の受験番号が早ければ、面接も早いのか?

ネットで調べると、どうやら、そうではないらしい。

出願が早ければ良いと言う訳ではなく、受験番号順でもなく、
試験当日、お昼の12時過ぎにならないと
面接の終了予定時刻も分からないらしい。😱

2/1の受験校、早稲田大学高等学院中

伝統校である。

保護者の直筆の書類で、受付は郵送のみ。
書類の到着日の期間も指定。
今、21世紀ですが…昭和ですか?

書き損じ用に、願書は2部取り寄せていたが、
息子をどう育てたか色々記入するのだか、
親の文章力とか?字の汚さや形とか?
そんな事まで合否に関わるのであろうか?!

もし、その可能性が1%でもあるのなら、、、
そう考えると責任重大…😑

さすが、天下の早稲田大学の付属校。
合格発表も掲示のみ。
利便性重視とか、そんな事よりも
受験者には強気な、伝統校なのであった。


2/1午後受験、果たして時間的に間に合うのか??

これは、賭けだ😑(賭けばかり)

とりあえず、ムダになっても良いので
世田谷学園算数選抜、鎌倉学園算数選抜、都市大附属2科目受験にも、願書も出す事にする。。→ミライコンパス😑

他のサピックスブログ
こちらからどうぞ
 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ